忍者ブログ

あきいろ道中記

旅行や城めぐり等のレポートを記載して行こうかなと思っています。

雪の越後に行ってきたよ。~高田編~

2016年1月


何気に、今回の旅の目的、上越市立総合博物館の企画展行きたかったのも大きかったの。
平成27年度企画展3 「探検 むかしのくらし」
館員さんにお訪ねしたところ、企画展のみ写真撮影OKでした。
(撮りたい方は館員さんに確認してね!)
そして私が撮りたかったのは企画展でした。
と、言うことで、朝からニコニコしながら写真撮ったり、横から上から眺めたりしてました。
めっちゃたのしい。
雪国の暮らしって、雪国以外の者的にはなかなかわからないので…。
そして私が好きなのは「生活」の場なので…。
写真をアップしていいか聞くの忘れたので、写真は未掲載です。


高田城三重櫓


冬の開館日には、ここの管理棟でかんじきとかくまきが借りれます。
自分はかんじきをお借りしてみました。
雪の上を歩くと、自然と大股になって歩きやすいです。便利。
コンクリの上を歩くと、なんかぼよんぼよんしてた。



馬塚稲荷
謙信の馬が、川中島から帰る途中にここで亡くなった、と言われている場所です。
ちょっと分かりにくい場所にありますが、毘の旗があったのでわりとすぐに見つかりました。
民家の目の前。なので一応モザイク加工。
  


この後、高田の図書館に行ってみたり。
郷土資料が多くて面白かったです。


雪の越後シリーズ。
雪の越後に行ってきたよ。~春日山編~
雪の越後に行ってきたよ。~直江津編~
雪の越後に行ってきたよ。~高田編~ ←本記事

拍手[0回]

PR

雪の越後に行ってきたよ。~直江津編~

2016年1月

春日山からバスで直江津方面へ。
五智国分寺正門で降りて、居多神社にきました。

居多神社
謙信の時代からある神社。越後の一宮だったそうです。
縁結びと子宝の後利益がある神社。親鸞聖人とも関わりありです。
片葉の芦と言う越後七不思議のひとつがある神社なのですが、雪に埋もれてどれが芦なのかはわからなかった。
  



五智国分寺
立派な三重塔があります。謙信が再興したお寺だとか。
親鸞聖人の庵跡が近くにあります。



村上義清の墓
謙信を頼って北信濃から来た武将ですね。
謙信養子の山浦景国のお父さん。光源寺敷地内にこっそりありました。
わからなくてうろうろしてたら、地元の方に教えてもらいました。
裏手から入って、境内に行く前に左に曲がるとあります。



浜善光寺(十念寺)
謙信が信濃の善光寺を越後に持ってきて出来たとこ。
  


直江津の海
謙信が見た海なのかな、とか思いつつ遠目で見てみました。
今回こそ、直江津の海を見よう…と思ってたのだけど、ここまで歩いて疲れてしまった。
次回着来た時は波打ち際まで行きたいです。笑




雪の越後シリーズ。
雪の越後に行ってきたよ。~春日山編~
雪の越後に行ってきたよ。~直江津編~ ←本記事
雪の越後に行ってきたよ。~高田編~

拍手[0回]

雪の越後に行ってきたよ。~春日山編~

2016年1月

一番の衝撃。



それはそうと、春日山、直江津、高田に行ってきました。
あいかわらず謙信巡りです。


春日山城。
まっしろ。右上に謙信さん。


春日山神社までは雪掻き?雪踏みしめ?されていて普通に入れました。
お参りして行きます。


千貫門側の道に足跡が続いています。
  

危なくない辺りまで少し登ってみることに。
※低山なら雪山登れる防水登山靴など、一応雪用装備はしてました。
 木の上から雪やら水やら落ちてくるので、ある程度防水ありのフード必要。


柵越しに見える中城・右近畑辺りの曲輪。
真っ白なので段差が意外とわかりやすい。
 

千貫門・搦手辺りの上杉入道屋敷跡。


今回はここで引き返しました。空堀とかあるからちょっと怖いし。
写真は暗そうに見えるけど、まだ13時とかです。曇ってるのね。

麓にある春日山城の要害の一つ、蓮池。
蓮池は元々はもっとずーっと続いていたみたい?


愛宕谷公園。
ここに蓮池が続いていたみたい。
あと、奥にある平地部分がお屋敷跡じゃないかな?

お屋敷跡辺りなら、雪の多い日でもちゃんと雪掻きすれば戦国時代でも住めそうかなーとか眺めてました。
※今年は雪少ないらしいです。

大手道入口。
あ…足跡がある…だと…?
と思ったけど、この先他の道あるので、春日山じゃなくてそちらに行った地元の人かも。
 

麓の中屋敷辺りから見た春日山城




林泉寺
謙信が幼少期を過ごしたと言われているお寺で、謙信のお墓もあります。
いつもお庭が素敵で、個人的にお気に入りのお寺。
雪の風情も素敵です。


お墓の辺りは雪掻きされていないので入れません。
ので、謙信のお墓には、本堂の辺りから手をあわさせていただきました。
もちろん本堂も拝ませていただいております。
そういえば、宝物殿は休館中です。多分雪だから。





春日神社
なにげに初めて来た。



春日山周辺巡りはこんなかんじでした。


雪の越後シリーズ。
雪の越後に行ってきたよ。~春日山編~ ←本記事
雪の越後に行ってきたよ。~直江津編~
雪の越後に行ってきたよ。~高田編~

拍手[0回]

神奈川 三増合戦祭と信玄の旗立松と田代城

2015年10月

三増合戦祭って言う、武田と北条の三増峠で行われた合戦を記念した?鎮魂祭?的なお祭りがありまして、そこで合戦劇を行うとのことで見てきました。
あと馬。木曽馬見たくて。

行く途中にある胴塚・首塚
胴塚。看板の裏手?の沢に首以外の胴体が埋葬されたそうです。


こっちは首塚。
昔の戦は打ち取った人の首級を奪うからね。
でも、こんだけ近いなら、首と胴一緒に塚に埋めてもいいような気もするけど、なんで分けたのかしら。
  


合戦祭り。
三増合戦場跡の広場で行われました。
自分、歴史は好きだけど戦はそんなに興味ないもんで、三増合戦もよくわかってなかったけど、ドラマ仕立ててわかりやすいし面白かった´▽`
ちなみに、信玄は大将としてずっと舞台で解説してた 笑


鮎おいしい……。鱒は私より二人前で売り切れてしまった。残念無念。


供養塔


右の見切れてる石碑が三増合戦場碑で、左のが三増合戦で亡くなった北条家臣の間宮善十郎さんのお墓ではないか、と言われているそうです。
ここから少し離れた塚場(お墓)ってところから発見された人骨をここに移動したそうな。
   


信玄の旗立松
三増合戦場跡の広場から、ちょこちょこ看板があるのでそんなに迷わないけど、坂だし、土地の持ち主のゴルフ場さん内に入るとちょっとした山道なのでちょっと疲れるかも。

三増合戦の時に、信玄がここに大将旗を立てたそうな。
ここから見てみると、さっきの三増合戦会場が良く見える。
陣地として取るのにいい場所だったのでしょうね。
ちなみに本陣は麓。
松は火事で枯れて、いまはない。



田代城
中学校の裏手。
室町時代の山城ですって。信玄さんの小田原攻めの時に落城してしまったとのこと。
三増合戦の犠牲になったお城なのですね。

中学校も城の一部?だったみたいだけど、中学校の写真ガリガリ撮ってるどうみても地元民じゃない人ってすげぇ怪しくねぇか…とか思ってしまって写真撮れなかったチキン。

  

裏手の道に、城跡(なんにもない?神社がある?)とかwebで見たんだけど、
ぱっと見お墓しかないし、けもの道っぽいのは続いている…?
ようにも見えたけど夕方になりかけていたので、そこで断念。
でも、道…?に夕日が当ってちょっと綺麗な写真撮れました。



拍手[0回]

山形 米沢城・春日山林泉寺・照陽寺・千眼寺

2015年10月

何と言うか、めちゃくちゃ寒かった。
地元の方から、冬に近づくとお天気変わりやすいって聞いたのですが、米沢そうなのですかね。
以前来た時は雪に埋もれ、今度は雨風に震え。
米沢のイメージが「とにかく寒い」になっている(´▽`


米沢城(上杉神社・稽照殿・上杉博物館)

ちょうど七五三シーズン始まったところなのか、七五三とかもいてかわいかった。

上杉博物館
上杉謙信・景勝の刀である太刀:姫鶴一文字・短刀:五虎退が特別展示中でした。
姫鶴の拵えが展示されているので気になって。
個人的にめっちゃ好きな、姫鶴の拵えの梅花模様が裏側になっており見れなかったのが残念><
五虎退はなんとなく重厚な感じを受けました。
(ただ、どちらもちょっと展示の仕方がイマイチで、あんまり観察できなかった印象…。なんか見えにくい?)
一緒にやってた特別展「米沢藩医家の系譜」も面白かったです。

稽照殿
謙信の瓜実御剣と胴服、景勝の鎧下着など。
見たことがない/実物は初めてなものとかもありおもしろかった。
謙信、相変わらず服の趣味が良い。

謙信祠堂跡。
明治の廃藩まではずっとここに謙信の遺骸と歴代藩主の位牌があったそうです。
  


西條天満公園とその周辺
三の丸土塁(一部)と、その前にある再現された堀(一部)と、武者道跡
土塁、右のところでばっすーーーーんと切られてる。
左の方はなめらかに下っているので、何か道か門でも元々はあったのかしら。

 

武者道。お侍さんしか歩いては行けない道、とのことですが、
武士が町民町にこっそりお買い物に行く時に良く使ったところだとか。
あと、下級武士の人たちの通勤路。
うきうきしてたけど、あんまり再現されててなくてちょっとざんねーん。



春日山林泉寺
本堂も見学させていただきました。
兼続の漢詩とか、天育和尚(謙信のお師匠の1人)の袈裟とかあった。
上杉家の位牌がおかれた部屋があるのですが、謙信の父為景、兄晴景、姉綾姫、景勝正妻菊姫等、知っている人がオールスターのように並べられていました。
長尾上杉家の位牌を集めたので当り前ではありますが。
政景さんもあったような気がする。(メモってなかったのでうろ覚え)

甘粕景綱のお墓。謙信・景勝に仕えた人。
 

鐡孫左衛門のお墓(黒金孫左衛門さんだと思う)
景勝さんの側役の黒金さん…?と思ったけど、泰忠さんってかいてあるから、その家を継いだ人の方かな。
 

直江兼続・お船のお墓
夫婦ともに景勝さんに頼りにされていたそうですね。


長尾権四郎家のお墓
侍大将さん。二十五将の一人。
 

武田信清のお墓
景勝さんの正妻菊姫の弟さん。
武田家が滅亡したので、上杉に嫁いでいた菊姫を頼って上杉に来て、そのまま家臣になりました。


吉江宗信のお墓
謙信・景勝に仕えた人。
 

杉原親憲(水原親憲)のお墓
謙信・景勝に仕えた人。
なんとなく好き。


秋山源蔵
元服してすぐくらいの謙信に仕えてたって言われている人。



歴代和尚の墓(天室光育和尚、益翁宗謙和尚など)
和尚さんはまとまったお墓に入るものなのですかね?

  
謙信姉、景勝母 仙洞院(綾姫)
なんとなく好きな方です。
なんでお墓二つあるんかしら?それとも、左の仙洞院って書いていある方だけ?


景勝正妻 菊姫
武田信玄の娘さん。
信玄・謙信共に亡くなった後、後継ぎの勝頼・景勝によって、結婚が決まりました。
上杉家は武田家と争っていたのに、菊姫は上杉家から敬愛されていたみたい。
力持ちエピソードが好き。



照陽寺
上杉憲政さんのお墓。関東管領。
上杉家を謙信に譲った時に、謙信の養父となりました。



千眼寺
色部さんちの菩提寺。
色部勝長さんのお墓…が多分真ん中ので、右がその正室のお墓…じゃないかなーと思う。
(左右の四角いお墓には、女性の戒名が書かれているので)
色部家のお墓フロアなので、これ以外にもずらーっと並んでいます。
ちょっと不思議な並び方してましたが、何か決まりがあるのかしら。
真ん中の色部勝長さんのお墓形状は越後の謙信墓と形状が似ていて、
左右のおそらく色部正妻のお墓は菊姫(景勝正室)のお墓と形状が似ています。
越後の伝統的な当主・その正室のお墓形状なのですかね?
(ちなみに、どちらも越後で見た上杉三郎側室のお墓形状と異なっていました。
 なので、正室や身分の高い人用形状なのかなー?とか)
他の方のお墓をあまり知らないんので、また越後に行った時は他のお墓もチェックしてみようかなと思っています。
  

保呂羽堂
色部さん墓よりこっちのが有名らしい。
病害虫、凶作を退散させるお祭り?である裸もちつきで有名。なんで裸なんだろう。



上杉家廟所
  

謙信廟所
謙信の遺骸は、明治になるまで米沢城内にあったので、実は上杉廟所で一番新しい廟は謙信廟なのですって。
 

景勝廟所
必然的に、一番古い廟は景勝さん廟所ってことに。
お花がたくさん供えられていました。
 

景勝さん息子の定勝さん廟所



拍手[0回]

ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック